2010年03月01日

2010年02月28日のつぶやき

posted by meganekozou at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳にとって悪い習慣

仕事からかえってテレビをつけると

「エチカの鏡」

が放送されていました。


少し興味深い内容だったので紹介します。





脳にとって悪い習慣として

1.愚痴を言う

2.趣味を持たない

3.ゴールや終わりが見えると安心する




愚痴を言うことは嫌なことを発散していいように見えますが、

「イヤだ」とか「嫌いだ」という感情に対して

脳は活性化されないそうです。



逆に「好きだ」とか「楽しい」というプラスの感情に対しては

脳のパフォーマンスは活性化され記憶力が上がったり

能力が向上するそうです。




だから、趣味はないよりもあったほうが

興味のあることを学習し頭に記憶することにより

脳が活性化されるんですね。



まさに

「好きこそものの上手なれ」

ってやつですね!!




そして、特に興味深かったのが3番目でして

番組に出演されていた

林 成之先生は

北京オリンピックの日本の競泳選手団に

勝負における脳の使い方をアドバイスし、

成果を上げた実績があるそうです。




何でも選手たちに

「泳ぎきってプールの壁に手をついたらゴールではなく

振り返って電光掲示板を見たらゴールとする」

ように何度も何度も練習で脳に刷り込ませたそうです。



その結果はいうまでもなく、

北島康介選手が見事金メダルを獲得したわけですよね!!


実際VTRでも北島選手が泳ぎきって壁に手を付いた後

すぐに振り返って電光掲示板を見ている様子が放映されていました。


ちなみに上記の内容は林先生の著書にも記載されています。


⇒ 林 成之著書 脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)





人間の弱さと言いますか、ゴールが見えるとどこかほっとする

というか、油断すると言うか・・・

緩んでしまうことありますよね。




目標に向かって速度を落とさずに達成させるためには

その目標の次の目標が見えるようにしておかないと

いけないのかなぁ?

と思いました。




口で言うのは簡単ですけど、これなかなか

大変なことですよね。





私の場合は、いきなり大きなことは出来ませんから

小さい目標をこつこつと達成させつつ

やがてそれが大きなことをなし得るように

していければいいなと思います。





仕事も、家庭も、そして・・・これも


「百人力」実践中⇒昨日の売上は・・・295円
(少な!今月も頑張るぞー)


それからこれもブームの予感


自宅にいながら、中国から輸入しヤフオクで売る。『在宅中国貿易』


自宅にいながら中国と貿易できるんですって!

面白そうですね。









posted by meganekozou at 01:16| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。